+

... 武藤興業のあゆみ ...

 足場工事、曳家工事に手腕を発揮する。特に神社仏閣の足場、曳家などに高度な技術を必要とする現場に技がひかる。
  昭和30年代の基礎工事の最も重要な「基礎打ち」は櫓か屏で打つより方法がなく、関西で二本溝という杭打ち手段を聞くとすぐに出向いて習得、関東に導入しはじめた。
 曳家工事は、独自に開発した「ローラーコロ」を考案し、多くの同業者を指導し効率を上げたので感謝された。


 【曳家工事】独自に開発した「ローラーコロ」